小額の借入もきちんと返済計画を立てて

お金借りる人は、お金がないから借りるのですが、どうしてお金が無くなったのかは人それぞれです。
今まで、それなりに給与があった人が、急に減額になり生活に困ってしまったということもあるでしょうし、次のボーナスまで欲しいものを我慢できないという人もいるでしょう。
いずれの場合であっても、返済の目途というものがない限り、お金借りることは危険です。
住宅ローンのように返済期限が長いローンは、お金借りる前に返済のことをじっくりと考えてからお金借りるため、返済に困ってしまうという事が案外少ないのですが、一番危ないと言われるのが、少額の借金なのです。
計画など立てなくても返済できるという油断が返済遅延からブラックリストへの道へと続いていくのです。