無職だとキャッシングの申し込みは無理?

無職だとキャッシングの申し込みをしても審査に通らないと思われがちですが、実際はさほど困難ではありません。
オークションとかアフィリエイトで現金収入がある人は自営業と名乗っていいわけですし、フリーターと名乗れば無職という必要はありません。
ただし、あちこちの会社から借り入れしていたり、借り入れ金額の合計が基準を超えている人、電話などによる在宅確認が取れなかった場合は借り入れも難しいので、自分の過去の実績を全て思い出してください。
親族からお金を借りる場合の印象良く感じる言い訳として、1人暮らしをしている時に急に会社から解雇されて生活していくことができなくなったり、生活をしていく中で学費が底をついたりなどの許さざるを得ない言い訳を言う事です。
趣味や娯楽に使うお金などの生活に必須でない言い訳を言う事は、避けた方がいいです。
以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。
2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、過払い金の確認をおススメします。
かつて消費者金融の一部の業者は、罰則がないという理由で違法な高金利でお金を貸していました。
この時に払い過ぎた利息のことを過払い金と呼びます。
具体的には、20%を超えた金利で借りていたというケースでは過払い状態になっています。
これは弁護士に頼んだり、ご自身で請求すれば取り戻せる可能性がありますが、完済後10年という期限があるので、これらの条件にあてはまる可能性がある人は早めに行動しておきましょう。